スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えのもとはペリカンを探しにいきました

昨日、アンコールワットがある町シェムリアップで活動されているSVの方が「トンレサップ湖に生息する野生のペリカンを見に行こうツアー2012」を開催した。多くのJOCV,SV,その他の関係者など総勢30名近くが参加した。

早朝ゲストハウスを出発し、トンレサップ湖へ向かう。
町からトゥクトゥクで約30分。意外に早朝は肌寒かった。

そして、船に乗っていざペリカンのもとへ!!

IMG_7408.jpg

気分はインディージョーンズですなっ!!

トンレサップ湖を初めて船で移動。トンレサップ湖は東南アジア最大の湖でお魚さんもハンパ無いくらいたくさん獲れるらしい。この湖で獲れる魚は、カンボジア人のタンパク質摂取量の60%を占めるとの話も。

湖の大きさも、もちろんハンパ無い大きさで、対岸なんてまるで見えない•••
湖というより海だった。茶色い水の海。。。それくらい広かった。

IMG_7426.jpg

広い!!広すぎる!!湖とは思えませんね〜。

途中、湖上で生活する村を通過した。テレビ番組で見るような世界。竹の束を浮き代わりにし、その上に家を立てて湖の上で生活していた。驚くべきことに、その家の敷地内?で植物の栽培まで行っている家庭もあった。
学校や商店、ガソリンスタンドまであって驚かされた。。

こういう湖で生活している人々は100万人近くいるらしい。主に漁業で生活している。
魚がたくさん獲れるので、陸上で生活している人々よりもお金を持っていたりするようだ。

IMG_7405.jpg IMG_7406.jpg

水上生活の家々。彼らの移動方法はもちろん船。携帯電話屋さんも浮いていました。

船に乗ること約3時間、最初の鳥見台に到着。
大きな木にハシゴがついている。

なんとっ•••、この木の上に登って見るのか!?

なかなかのスリルである。設計の段階で強度など考えて作られているのか不安•••。
しかし、登ってみるととっても気持ち良かった。

ペリカンはいなかったが、ツルの群れを見ることができた。
こんな暑い国にもツルの仲間がいるんですね。

その後も、ペリカンちゃんを求めて移動するが見つからず•••
ギリギリの時間まで粘ったが、残念ながらペリカンちゃんは姿を見せてくれなかった。

結局帰ったのは夜の7時を回ったころだった。
体力的にはかなりハードではあったが、トンレサップ湖をクルージングし、キレイな景色を満喫できたのでよしとしよう!!

せっかく日本とは異なる環境にいるのだし、ここにしかいない生物などを見てみたいな〜と思う今日この頃である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トンレサップ湖やばでかいっすね!陸の生活を水の上に持ってくるとは!人の想像力はマジハンパない!!!

コメントありがとう!!

>よしお

やばデカいぞ。しかも、彼らは陸での生活を知らないから、陸では生活したがらないらしい。陸での住み方がわからないとのこと。色んな生活習慣があるんやな。

>まえば

久しぶりやな。もちろん覚えてるよ。
化学を選択したんやな。難しかったかな??

嬉しいことを言ってくれるやないか〜。理科を好きになってくれたか〜、嬉しいな。
進路で焦る気持ちもあるかもしれんけど、色んな生き方があるからな。
自分がやりたいことをやってほしいな。人生を楽しめる道を。
プロフィール

えのもと

Author:えのもと
現在青年海外協力隊員としてカンボジアで活動中!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。