スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えのもとは飲み過ぎました。。。

今日は大家さんの姪っ子チャントゥーの結婚式に行って来た。
初めて、身内?の結婚式に行って来たのだが、すんごい長時間で疲れた。

朝の6時に家を出て、結婚式場へ。チャントゥーの実家?(それとも旦那さんの実家?)が式場になっていた。結婚の儀式的なことはここで行われていた。初めて見たのだが、バージンロード?やフラワーシャワーもあった。

IMG_7875.jpg IMG_7892.jpg

バージンロードを新郎新婦が歩いてきます。いいですね〜。 両家の親族が集まっていました。

ここで朝食を食べ、その後披露宴会場へ移動。披露宴は今回で6回目の参加となった•••、多いよね。
カンボジアの披露宴には、新郎新婦の直接の知り合いではなくても参加できる。新郎新婦の友達の友達くらいまでなら参加できるらしい。

今日は、チャントゥ−の兄貴の悪友たちと一緒に参加した。こいつらが相当酒を飲むやつらで、同じペースで飲んでいると、完全にグロッキーになってしまった。
午後はずっとグロッキー状態で寝ていた。夜になって家に帰ったのが8時•••、ほんとに長かった!!

IMG_7897.jpg IMG_7917.jpg

カンボジアの披露宴会場の入り口。大きな庭が会場になっていました。 飲み過ぎには注意ですな!!

帰ってからも、グロッキー状態でついさっき復活した。だからこんな夜中にブログを書いているわけですよ•••

結婚式は2日間かけて行われるようで、明日もあるらしい。もちろん僕は行かないが•••。

IMG_7939.jpg

地雷注意喚起の看板を見せてもらいました。昔はこの辺りにもたくさんの地雷が埋まっていたらしいです。今は撤去されてこの看板は使われていないようです。でも国境の方にはまだまだ地雷が埋まっているところがたくさんあります。

IMG_7862.jpg

昨日行われたラジオ収録にはTくちゃんが初参戦しました。初めてとは思えないくらい上手でした。

IMG_7853.jpg IMG_7856.jpg

一昨日にはシソポンの公園でライブがありました。「オプソクンカンニャー?」という有名な女性歌手が来ていて大盛り上がりでした。
スポンサーサイト

えのもとはソッブ−ン先生の結婚式に行きました。

今日は午後から養成校の先生ソッブーンの結婚式に行って来た。ソッブーンは踊り?の先生でイベント時にはいつも司会を担当している。しゃべくりが上手なようで、いつも彼の司会で大盛り上がりになる。そんな彼の結婚式に出席した。

カンボジアで結婚式に出席するのはこれで5回目になる。正直、もう飽きた感がある。。。
カンボジアの結婚式(披露宴?)は爆音の音楽が流れる中で、食事を楽しむ。爆音なので、しゃべるには相当声を張らなければならない。疲れる。途中からしゃべるのが面倒くさくなってくる。

結婚する2人はホント幸せそうでいいな〜と思う•••、同時に新婦さんのメイクの濃さに度肝を抜かれたが•••

新郎新婦に付き人を付けるのだが、養成校の生徒がしていた•••、これまた女子のメイクに度肝を抜かれたが•••
3人中1人は最後まで誰だか分からなかった。。。それくらいバッチリ濃厚メイクなんですよ。

2時間ほど食事を楽しみ、ご祝儀+食事代?で10ドルを封筒に入れて新郎新婦に手渡すというのがカンボジアの結婚式のスタイルである。

今週末にはうちの大家さんの姪っ子が結婚式を挙げる。チャントゥーという名前ですごく優しい女の子。
僕が出張で忙しい時には、掃除に来てくれたりしていた。
そんな彼女も結婚してしまう•••。みんな幸せの階段を上がっていますな!!!
独身も悪くないけどね•••

IMG_7817.jpg  IMG_7831.jpg

新郎新婦と付き人の生徒たち。      一緒に記念撮影!! 

えのもとは素晴らしいワークショップを見てきました。

まず始めに。。。大学少林寺拳法部時代に共に汗を流した盟友であるよしおが1年間の世界一周の旅を終え、無事に日本に帰国した。自転車でアメリカ、ヨーロッパ、南米、(そしてカンボジアも)を走破した。

誰もが「無理だろう」思われるようなことに対して、チャレンジする姿勢は単純にすごいなと思う。同時に何でもやってしまえば出来ることが実はたくさんあるんだろうな〜とも思う。誰もが自分で勝手に無理だと思い込んで、チャレンジせずに諦めてしまう。

オーストラリアでジョッキーをしている友人も「やらずに後悔するよりも、やってしまってから後悔した方がいい」と言って、ジョッキーの道を選び、そして夢を実現した。

彼らは別に肉体的に優れているとか、才能があるとか、そういう訳では無い(と思っている)。どっちかというと普通の人間寄り。でも、一歩を踏み出す決断力と、努力を継続する力、困難に対する忍耐力はハンパなく持っている。

僕の周りにはそんな奴らがいっぱいいる。ほんとうに友人には恵まれていると思う。いい刺激を受けるし、負けられないなと思う。

よしおのブログはこちら→http://d.hatena.ne.jp/gt4400/
自転車世界一周達成おめでとう!!

そして今日のカンボジア。。。

今日はコンポンチュナン州の教員養成校で行っているワークショップを見て来た。探求型授業を現場の先生に知ってもらうというのが目的の研修だった。現在、教員養成校の生徒たちは探求型授業について学んでいるのだが、現場の先生たちはそういうスタイルの授業を知らない。

養成校の生徒たちが現場に行ったとき(実習時や本採用時)、探求型授業の実施がスムーズにできるようにするためには、現場の先生たちにも理解しておいてもらわなければいけないということである。

今回はいくつかある教育実習校のうち、1つの学校の先生たちを対象に行っていた。参加者は15名ほど。
まず、探求型学習とはどのようなものであるのかを説明し、その後に探求型授業のDVDを見た。その後、探求型授業の授業案をみんなで作り、簡単な実験を取り入れた探求型授業を実際にやってみせた。

午前中、半日のワークショップ。

感心したのは、このワークショップの計画や準備などを養成校の教頭先生をはじめ、理科担当の先生が率先して行っていたことである。当日もほぼ全部、彼らが指揮をとり説明や実験を行っていた。

ボランティアが先頭に立って行ったものではなく、現場の先生たちが積極的に行っている研修というのがとても素晴らしいと感じたし、将来性も感じた。

これと同じことが他の州でも行えるかというと、それは難しいんだろうなと思ったりもする。先生たちのモチベーションの問題もあるし。。。

ボランティアが先頭に立って行うワークショップであれば可能だと思うが•••。
でもな〜、どこでもかしこでもワークショップを開けばいいってものでも無いと思うし。それぞれの地域の状況に応じて判断し、活動していくのが大切なんだろうな〜と思った。

IMG_7759.jpg  IMG_7752.jpg

ワークショップの様子。現場の小学校の先生たちに対して探求学習を教えています。みんなで授業案を考えています。





えのもとは長距離バス隊員です。

ただいま、コンポンチュナンという町に来ております。この町で活動を行っている理数科の先輩隊員が、明日、小学校でワークショップを行うということで、見に来ています。

バンティアイミンチェからここまで約5時間。。。
この1週間でバスの乗車時間が約26時間です•••、完全に長距離バス隊員になってしまっています•••


最近、カウンターパートのボパーとの関係が良好です。
実は、明日水曜日は授業がある日です。しかし、明日はボパーが結婚式に行くということで、僕一人で授業をしなければいけない状況でした。

授業の内容的に僕一人では、説明が難しいな〜とは思っていたのですが、ボパーも結婚式に行きたいだろうと思い「大丈夫、ちゃんと説明できるかわからないけど一人でやってみるよ。結婚式に行っておいで」と伝えていました。

すると今日、ボパーが他の先生と交渉して、授業の時間割を変更してくれていました。おかげで今日の午後、一緒に授業することができました。
日本人だったら、こんなことはそんなに大したことでは無いと感じると思うのですが、ここではなかなかありません。
嬉しかったですね〜。

ボパーの授業も少しずつ上手になっていると思います。もっと自信を持って、大きな声で授業をして欲しいと思うのですが。少しずつですね。

IMG_7728.jpg IMG_7733.jpg

動物の分類をカードで考えています。  脊椎動物はよく分かっているね!!無脊椎動物は難しいかな〜〜。

実は先週からボパーとの関係が良くなってきたのです。きっかけは中学校の実験授業の視察に一緒に行ったことでした。VSOというボランティア団体がボパーに仕事の依頼をしたようですが、僕も中学校の授業に興味があったので一緒に連れて行ってもらいました。

ほとんど何もお手伝いはできず、ちょっとだけコメントしたくらいだったんですが、ボパーはえらく感謝してくれて、それから関係が良くなってきています。ボパーの故郷の近くだったこともあり、実家にまで招いてくれました。昼食までごちそうしてもらっちゃって、嬉しかったですね。こんな関係が続けばいいなと思う今日この頃です。

IMG_7493.jpg IMG_7514.jpg

ボパーの実家です。女性の実家に遊びに行く!?大丈夫でしょうか!!?  ボパーの家族。農家です、広い畑でした。

中学校は計4校を2日間でまわったのですが、いろいろ思うことはありました。
授業した先生たちは以前VSOの研修を受けています。どんな研修だったかというと、身近なものを使ってできる実験の紹介でした。

いろいろと工夫されており、感心する実験道具もたくさんありました。それらを使って現場の先生方がどのような授業をするのか興味を持って見に行ったのですが•••、結論からいうととっても残念な感じでした。

とりあえず、視察が来るので実験をしましたって感じの授業。生徒からすれば、前で先生が何か実験をしていて先生一人で納得しているっていう感じだったのではないかと。。

IMG_7580.jpg   IMG_7481.jpg

中学校の授業の様子。教科書を2人で見ていました。  実験•••、後ろの生徒には全く見えません•••

その実験を通して何を考えさせ何を学ばせたいのかが、全く考えられていなかったですね。こういう状況を目の当たりにすると、実験方法だけを教えるのは効果が薄いなと感じてしまいます。

うちの養成校にあるピアノや実験道具の支援と同じような感じ。。。与えられても使い方が分からないから使いこなせない。

実験も同じなんだろうなと思いました。実験の紹介だけでなくどのように授業に取り入れて行くのか、まで伝えていかなければいけないと感じました。

現場の先生たちに対する支援をどのように行っていくのか、JICAのstepsumプロジェクトでは4月で教員養成校向けの支援は終わり、中学校の先生向けの教育支援を開始します。

僕はもちろん養成校で活動していきますが、現場の先生たちに対する働きかけも必要だなと感じています。

そういう意味でも明日のワークショップは楽しみです。

IMG_7592.jpg IMG_7516.jpg

授業で「音」を学ぶのに糸電話を作りました。想像以上に盛り上がりました。 ボパー家の畑にて。農家になってみました。

1週間ぶりのえのもとです。

久々のブログになってしまいました。
先週は何だかんだバタバタしていました。乾季で気温が上がってきていて、ちょっと夏バテ気味でした。その他にもいろいろあったのですが、今日ももう眠いので簡単に。

週末、プノンペンで絆フェスティバルという日本人が企画したイベントがあり、その中のサイエンスイベントのお手伝いに行っていました。これについてはまた後日。

そんなわけで先週末も往復16時間のバス旅行だったわけですよ・・・。最近はバスに5時間くらい乗るのは全然苦じゃ無くなってきましたよ。ラスト2時間がキツイんですけどね~。

そして今日からまた仕事です。
今日の授業は「動物の分類」という単元。動物の写真カードと特徴の書いたカードを作って、それを使って分類について考えてもらいました。

1グループの人数が約4人だったこともあり、いい感じに相談しながらカードを並べていました。脊椎動物については知識がある生徒が多かったですが、無脊椎動物については少々難し過ぎたかもしれません。ほぼ答えられてなかったですね・・・。

授業の準備の段階では気付かないことっていっぱいあるんだな~と最近よく思います。
実際やってみて、いろいろな問題点が見えてくる。グループの人数だとか、文章表記の仕方とか、問題のなげかけとか。。。

自分が授業をすると気付かないことも他人の授業を見ると気付いたり。。

日々勉強になります。

そして、・・・眠いです。写真は・・・また後日。。。

えのもとはバレンタインデーにプレゼントをしました

今日はバレンタインデー。

毎年、この日は男子学生の誰もが期待に胸を膨らませて学校へ行き、そしてその多くが肩を落として家に帰るのです。。。わたくしもそんな男子の一人でした。家に帰ると母親からのチョコレート•••、っ切ない!!
無いよりはマシだけど、なんだかとっても切ない•••、こんなバレンタインデーを何度過ごしたことでしょう。。。

そして月日は流れ、2012年2月14日。

今度は、なんとわたくしの方からプレゼントをすることになりました。
というのも、カンボジアでは男性が女性にバラの花をプレゼントするのが一般的なのです。日本が独特なんですよね。欧米でも男性から女性にプレゼントをするようですし。

初めてプレゼントをあげる側の気持ちになりました。いつもお世話になっている職場の女性職員とJOCV、そして大家さんとその娘にプレゼントしました。

IMG_6851.jpg IMG_7546.jpg

いつもお世話になっている校長先生にバラをプレゼント。 若手の先生にも、もちろんプレゼント。

女性にバラをプレゼントするなんて、なかなか照れくさいものですね。でも、すごく喜んでくれたので、ぼくも嬉しくなりました。人に喜んでもらうのって実はすごくエネルギーをもらえることなんですよね。

職場ではみんなテンションが上がって最後には何故かみんなで記念撮影まですることになりました•••。

人間関係を築いていく上で、こういうことも大事なんですね。何気ない気配りをさりげなくできる男になりたいと思いました。

IMG_7542.jpg IMG_7552.jpg

今日は町のいたるところでバラが売っていました。 なぜか記念撮影。女性に囲まれました。「恋人が7人もできたね」とひやかされましたが、嫌な気分はしませんでした〜。

では、今日のお仕事の話を•••、しか〜し•••、眠いので次回に書きます。
おやすみなさい•••

えのもとはペリカンを探しにいきました

昨日、アンコールワットがある町シェムリアップで活動されているSVの方が「トンレサップ湖に生息する野生のペリカンを見に行こうツアー2012」を開催した。多くのJOCV,SV,その他の関係者など総勢30名近くが参加した。

早朝ゲストハウスを出発し、トンレサップ湖へ向かう。
町からトゥクトゥクで約30分。意外に早朝は肌寒かった。

そして、船に乗っていざペリカンのもとへ!!

IMG_7408.jpg

気分はインディージョーンズですなっ!!

トンレサップ湖を初めて船で移動。トンレサップ湖は東南アジア最大の湖でお魚さんもハンパ無いくらいたくさん獲れるらしい。この湖で獲れる魚は、カンボジア人のタンパク質摂取量の60%を占めるとの話も。

湖の大きさも、もちろんハンパ無い大きさで、対岸なんてまるで見えない•••
湖というより海だった。茶色い水の海。。。それくらい広かった。

IMG_7426.jpg

広い!!広すぎる!!湖とは思えませんね〜。

途中、湖上で生活する村を通過した。テレビ番組で見るような世界。竹の束を浮き代わりにし、その上に家を立てて湖の上で生活していた。驚くべきことに、その家の敷地内?で植物の栽培まで行っている家庭もあった。
学校や商店、ガソリンスタンドまであって驚かされた。。

こういう湖で生活している人々は100万人近くいるらしい。主に漁業で生活している。
魚がたくさん獲れるので、陸上で生活している人々よりもお金を持っていたりするようだ。

IMG_7405.jpg IMG_7406.jpg

水上生活の家々。彼らの移動方法はもちろん船。携帯電話屋さんも浮いていました。

船に乗ること約3時間、最初の鳥見台に到着。
大きな木にハシゴがついている。

なんとっ•••、この木の上に登って見るのか!?

なかなかのスリルである。設計の段階で強度など考えて作られているのか不安•••。
しかし、登ってみるととっても気持ち良かった。

ペリカンはいなかったが、ツルの群れを見ることができた。
こんな暑い国にもツルの仲間がいるんですね。

その後も、ペリカンちゃんを求めて移動するが見つからず•••
ギリギリの時間まで粘ったが、残念ながらペリカンちゃんは姿を見せてくれなかった。

結局帰ったのは夜の7時を回ったころだった。
体力的にはかなりハードではあったが、トンレサップ湖をクルージングし、キレイな景色を満喫できたのでよしとしよう!!

せっかく日本とは異なる環境にいるのだし、ここにしかいない生物などを見てみたいな〜と思う今日この頃である。

えのもとはバンティアイミンチェ州教育局に行きました。

IMG_7383.jpg

バンティアイミンチェイの景色。。。国道を少し脇に入ると、まだまだ道路は整備されてはいません。砂埃で前が見えなくなります。でも景色はとってもキレイです。

今日は朝一番から授業があった。
今日の授業はなんだかとっても楽しかったな〜と。

今日はボパーとぼくの二人で授業をしたような形になったのだが、ボパーがいい感じに授業を運んでくれたと思う。

生徒に質問を投げかけ、考えさせ、そしてそのフォローをしていた。ついでにぼくの下手くそなクメール語のフォローもバッチリ行ってくれた。

彼女自身も楽しそうに授業をしていたし、生徒たちも全員が前をしっかりと向いて最初から最後までしっかり考えてくれていた。教室がそういう前向きで良い雰囲気に包まれていたように思う。

こういう空間を常に作れたら素敵だな〜と思った。

IMG_7364.jpg

休み時間にボパーが行ったゲームの敗者による罰ゲーム•••、みんなの前でダンス•••、なかなかハードな罰ゲームに感じますが、みんな楽しそうに踊っています。

午後からはシャンティ国際ボランティア会(SVA)の方で小学校の図書室運営改善プロジェクトを行っているTづかさんが、我がバンティアイミンチェ州の教育局でワークショップを行っているという情報をゲットし、見学に行って来た。

会場にはバンティアイミンチェ州の小学校の校長先生が300人近く集まって研修を受けていた。

この活動で、学校によってはかなり図書館が整備され、それぞれの学校独自で図書館運営が効果的に行われるようになったらしい。

今日は教育局の方とも知り合いになりたかったので、たくさん名刺を配り歩いた。今後の活動で教育局に協力してもらいたいこともきっと出てくると思うしね。

IMG_7382.jpg IMG_7374.jpg

教育局の建物!!なんと立派な!!            研修の様子。

そしてもう一つ•••

カンボジアはただいま結婚式ブームです。ブームというか、時期的に乾期で結婚式が多いのだけれども。
わが養成校のソッブーン先生が結婚するらしく、初めてカンボジア人同士の結婚式に正式に招待されました。

カンボジアの結婚式は直接の知り合いでは無くても、新郎新婦の友達の友達くらいまでは一緒に参加できる。
今までは友人に連れられて参加していたのだが、今回は招待状なんてものもいただいちゃいました。

直接の知り合いの結婚式というのは先輩隊員のAさみずさんの結婚式以来である。

今月は大家さんの娘も結婚式を挙げるので、2つ参加することになる。

楽しみだな〜。

IMG_7387.jpg IMG_7388.jpg

これがカンボジア式招待状です。なかなか可愛いデザインですね。

えのもとはルルをのみました。

今日は朝から頭痛、、、。

とりあえず朝学校に行くが、痛みは続いていた。カウンターパートのボパーが研修に出てしまっており、授業予定のクラスの生徒は校内の清掃活動を行っていた。

ボパーに電話すると、生徒には自習課題を出しているとのこと(多分、、。電話でのクメール語は難しいのでよく聞き取れなかったが)。

授業が無いので、今日は早退することにした。
家に帰って、日本から送ってもらった風邪薬ルルを飲んで休む。。。
3時間ほど眠ると、すっかり良くなっており、午後には再び学校に行くことができた。

体調が良くない時や休みたい時に、気兼ねなく仕事を休めるというのはいいことだな〜と思った。
日本だったら仕事を休むなんてよっぽどのこと以外は無理である。制度的にはOKでも、気持ち的にはとっても休みにくいものである、、、。

こういうところは日本社会の良くないところだと思う。
気持ちに余裕を持てるような環境を作ることはとっても大切だと思った。


日本人の価値観が絶対で完璧なんてことはありえない。
また、途上国よりも先進国の価値観が優れているなんてこともいえるはずも無い。

それぞれに良いところも悪いところもある。
日本人も途上国の人々から(もちろん先進国の人々からも)学ぶべきことはたくさんあるのではないかと思った。

えのもとはお腹いっぱいです。

今日はカンボジアのお盆らしい。
カンボジア人はお寺にお参りに行くようだ。

ぼくも朝から生徒たちと共にお寺に行って来た。

IMG_8618.jpg IMG_8632.jpg 

お供え物のお花を持ってみんなで近くのお寺へ。 

IMG_8649.jpg

1年生の女子生徒&2年生の男子生徒と一緒に行ってきました。

そのあと、生徒たちが昼食をごちそうしてくれた。野菜&肉炒め?のようなものとトムヤムスープを作ってくれた。

彼らは毎日自炊している。朝は近くの駄菓子屋で簡単にお菓子やパンを食べ、昼と夜は作る自分たちで作るらしい。本当にえらいな〜と思う。
だからみんな料理上手。もちろん男子生徒も自炊している。

今日作ってくれたのは、大きな鉄鍋の中に油をしき、野菜とお肉を炒め、唐辛子入りのソースで食べる料理。名前を聞いたが忘れた•••。ソースが辛口で美味しかった。

トムヤムスープは酸っぱい味のスープ。ぼくは酸っぱいスープが苦手だったけど、カンボジアに来てから食べる機会が多くなり、食べれるようになった。

みんなで敷地内にあるベンチに座り、お食事タイム。楽しい時間を過ごせた。
訳のわからないクメール語を話す外国人のぼくを受け入れてくれる彼らの優しさが嬉しかったですね。

そんな訳で今日はいつもより張り切ってたくさん食べました。お腹いっぱいです。

IMG_8660.jpg IMG_8662.jpg

鍋の中には野菜とお肉がいっぱい。手際よく料理してくれました。 今度はぼくが何か料理をごちそうしてあげたいなと思う•••、料理はできないのだが。。。  

えのもとは充電しました。

昨日、同任地隊員のキョウちゃんとクッパ、そしてバンティアイミンチェイに遊びに来てくれていたAさみずさんが僕の誕生日祝いにカレー&ポテトサラダを作ってくれた。
とても美味しゅうございました!!

いや〜、30歳になってこんなにいろんな人に祝ってもらえるなんて、ほんと感謝ですよ。
ありがとうございました!!

IMG_7343.jpg

美味しいお料理ごちそうさまでした!!

そしてそのあと、キョウちゃんの家にあった「魔女の条件」という松嶋菜々子とタッキー出演のドラマを見た。僕が高校生の時に放送していたドラマなのだが、30歳になってから見てみると、いろいろと見る視点が変わっていて何とも言えない気持ちになった•••

とりあえず、高校生役のタッキーの気持ちには全く共感できなくなってしまっていた。。。
婚約を破棄される元恋人役の銀行員、別所哲也の気持ちにすごく共感してしまった•••、かわいそう過ぎるぞ別所!頑張れ別所!!って感じだった。
なんだか僕も歳をとったんだな〜と感じた。。。

とりあえず、昨日は一切のクメール語をシャットアウトした。長い時間日本のドラマを見ていると、日本にいるような錯覚を覚える。
のんびりと過ごした日曜日。そういう日も大事ですね。

そして今日から再び学校が始まった。
今日は「てこ」の授業。長い塩ビパイプでてこを作って演示を行った。
驚いたことにほとんど全ての生徒が、てこにつり下げるおもりの重さと支点からの位置の関係について全く知らなかった。今まで習ってきていないということなんだろうが。。。
僕は当然知っていると思っていたので今回の実験は簡単過ぎるかなと思っていたのだが、むしろちょうど良いくらいの感じだった。

こっちが知っているだろうと思っていたことを知らなかったり、逆にすごく深い内容まで勉強していたり•••
国が違えば文化も教育も違うんだなと改めて感じた。。。

今日は1時間を僕がメインで、1時間をカウンターパートのボパーがメインで行った。
ボパーの授業は僕のあとなので、ほとんど授業運びが僕と同じになる。
ボパーの授業(僕の授業)を見ていると自分が授業をする時には気づかなかったことが、ほんとによく分かる。

一番後ろの人には実験がとっても見えにくいことや、字が小さ過ぎること、もっと生徒へ効果的な質問を投げかける必要性があることなど、改善点がたくさん見えてくる•••

そして今日一番残念だったこと、一番後ろの生徒が携帯を出してメールを打ち始めてしまったこと•••、つまんないのね。。。
しかし、つまんないからって携帯をいじるのは許さ〜ん!!
ということで、後半はその彼の隣に立ち、話しかけたりしながら、プレッシャーをかけていた。

ぼくもまだまだ修行不足ですわ。。。

明日はカンボジアのお盆、学校は休みらしい。

IMG_7347.jpg IMG_7353.jpg

やっぱり僕がする授業よりもボパーの授業の方が断然スムーズでした、やっぱり語学が大きな壁ですね。

えのもとは燃え尽き症候群です。

タイトルの通り、えのもとはやる気が出ませ〜ん。
怒濤のような忙しさで過ぎて行った1月•••、文化祭が終わり、初めてのSETDELIが終わり、そして再び日常が始まりました。。。

やるべきことはたくさんあるんです!! っが•••、どうも腰が重いんですよ•••
そして眠いんですよ•••

これが燃え尽き症候群というやつですかね〜、、、

今日も学校で実験の準備をしていたが、上手く結果が出ず、やる気も無くなり、ダメダメだった。。。

午後からは同任地隊員のキョウちゃんによるラジオ講座の収録。
燃え尽き症候群のせいか、声のトーンも下がり気味だった。。。

今日はバッタンバンの先輩隊員Aさみずさんも来てくれた。
ラジオ収録のあと、一緒に食事をしながら、活動のことやら隊員の生活のことやらいろいろ教えてもらった。

特に僕のカウンターパートのボパーはAさみずさんの教え子にあたるので、僕とそのカウンターパートとの関係について話を聞いてもらい、助言してもらった。
僕が全く気づかなかったようなことを指摘してもらえたのが良かった。

明日は日曜日。
しっかり充電して再び燃えなければ!!

IMG_7342.jpg IMG_7332.jpg

本日のラジオ収録の様子。ゲストはバッタンバンのAさみず隊員でした。 マイクをこんな風に置いて収録しています。シュールです•••
プロフィール

えのもと

Author:えのもと
現在青年海外協力隊員としてカンボジアで活動中!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。