スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えのもとは歌を歌いました。

今日はVSOというイギリスのボランティア団体が中学校の教員向けの研修会を開いていた。カウンターパートのボパーはそのお手伝いに行かなければいけなかったので、授業には代わりに僕が行くことに…!?

今日は生徒が行う理科の研究授業だった。実験を取り入れた授業だったので、わかりやすかったし、語学力が無い僕でも、少しはアドバイスができた。先生役の生徒は、しっかりと授業案を作り、授業もわりとちゃんとできていて少々感心した。

IMG_5527.jpg   IMG_5534.jpg

授業の様子。グループごとに分かれて実験について話し合いながら進めていました。グループごとに実験方法を考え、絵に描いて発表していました。

クラスによって生徒も違うので、雰囲気も違う。終始しっかり取り組んでところもあれば、途中から実験器具で遊びだす生徒もいたり…、日本とおんなじですな!!

IMG_5528.jpg  IMG_5539.jpg  IMG_5594.jpg

水の状態変化の実験。  熱の伝導の実験。   気体の膨張の実験。   身近なものを使って実験していました。

残念ながら1クラスだけ、連絡が行き届いていなかったようで、授業の準備ができていないクラスがあった。することが無いので、僕のパソコンに入っていた少林寺拳法の映像を見せた。他にも日本のことを紹介したかったのだが、あまりに急だったので何も準備ができていなかった。こんなときのために、予めいろいろパソコンに入れておいたら使えると思った。

時間が余ってしまい、どうしようかと思っていると、一人の生徒が
「何か歌を歌ってください」
と言ってきた。
「何ーーー!?、いきなり歌なの!?」
と思ったが、ここは引いたらカッコ悪いと思い、歌うことにした。

しかし、急に歌を振られても曲が頭に思い浮かばない…。
生徒たちは、そんなことなど知るはずもなく、
「モイ(1)、ピー(2)、バイ(3)」
と勝手に始めてきた…

そして、追い詰められた僕が歌った曲は、

…"旅立ちの日に"…バリバリの卒業ソングを歌ってしまった。
「今、別れのとき~~、飛び立とう~~、未来信じて~~~」

なぜこの曲が急にでてきたかは分からない…、カンボジアを早く卒業したいのか!?
しかも、テノールの方を歌ってしまった。低い音だし、スゲー地味…。普通ソプラノだよな~…。

その後は、生徒たちが次から次へと前で歌い始めた。みんな意外に人前で歌を歌うことが恥ずかしくないようだ。後半はセリフ口調のデュエットまで飛び出し、盛り上がっていた。

IMG_5551.jpg IMG_5571.jpg

みんなガチの熱唱でした…、なかなかここまで人前では歌えないですよ…。デュエットはちょっとした寸劇になってましたし。

昼休みには、生徒と少林寺拳法の練習をしてみた。10人くらいの生徒が暑い中集まってくれた。格闘技に興味がある生徒もいるようで、今後も一緒に続けていけたらいいなと思った。

クラブ活動のような形にしたいのだが、どれくらいの生徒が参加してくれるかがまだ未知数である。基本練習が一番難しい…、何とかこれを乗り越えさせなければ!!

あまり固い感じではなくて、楽しめることを一番に考えている。
これぞ異文化交流ですな!!

IMG_5581_20111130010207.jpg IMG_5584.jpg

体育館や道場などはもちろん無いので、外の日陰で練習。女の子も参加してくれた。今後も続けて欲しいな!!












スポンサーサイト

えのもとはチャリが速くなりました。

昨日は朝の6時にジャイアンに飛び乗り、バンティアイミンチェを出発。
シェムリアップまで約100km。かなり気合を入れて走った。前回は8時間くらいかかった道だったが、今回は5時間半しかかからなかった。(結構かかってるけど…)

休憩は3回のみ。この休憩時間を縮めれば、今週末のシェムリアップの自転車レースでも4時間台で走破することができそうである。
9時くらいからは日差しが強くなり灼熱なので、前半でいかに距離をかせぐかが課題である。

IMG_5415.jpg IMG_5430.jpg

どうやら稲刈りの時期のようで、たくさんの農家の方が畑に出ていました。この辺りは数か月前までは一面緑でした。

シェムでは、とりあえず以前友人のよしおと泊まったことがあるタケオゲストハウスに行った。すんごいゆる~い感じのゲストハウスなので、泊まらなくてもシャワーを使わせてくれるだろうと思っていたら、案の定1$で使わせてくれた。ゲストハウス自体は決してキレイとは言えないが、このゆる~い感じがこのゲストハウスの魅力である。

シェムの町をブラブラと自転車で徘徊していると、クメールボクシングジムを発見!!残念ながら練習はしていなかったが、サンドバックを蹴らしてくれた。

しかも近くにいた暇そう~~なおじさんが来て教えてくれた。…しかし残念ながら、そのおじさんは明らかに格闘技未経験丸出しだった。仕方なしにとりあえず、素直に教えてもらったのだが…、最後に「1ドルちょうだい!!」と言われたのでびびった。それで金をとるか!?っと思い、「冗談でしょ」と言って笑いながら去った…。…ちゃんとした先生がいるときにまた来たい…。

IMG_5441.jpgIMG_5458.jpgIMG_5448.jpg

  発見したジム。  素人なのに教えようとしたおじさん。  そしてハイキックで股関節を痛めたえのもとです。

その後、シェムリアップにある高級ホテルで先輩隊員とともに1個2.5$のケーキを食し、盆踊り大会へ。シェムリアップにはたくさんの日本人が住んでいるらしく、盛大に行われていた。

手巻き寿司や焼き鳥、焼きそばなどの屋台が並び、ステージでは日本人学校の生徒や空手教室の生徒の出し物や音楽演奏などが行われていた。やぐらの周りでは日本人とカンボジア人が盆踊りを踊っていた。なんだか日本にいるような不思議な感じがした。

バンティアイミンチェイの養成校の生徒も何人か来ており一緒に楽しむことができた。日本の文化を知ってもらえて良かった。

IMG_5489.jpg IMG_5478.jpg

盆踊り大会の様子。 そして養成校の生徒たちと一緒に記念撮影。女子たちに囲んでもらい、ちょ~幸せでした。


えのもとの学校は土曜日も授業があります。

今日は土曜日…だがカンボジアの学校は基本的に土曜日もいつもと同じように授業をしている。学校によっては午前中で終了というところもあるようだが、僕の学校は通常授業である。

午前中にカウンターパートのボパーの研究授業があった。今回の授業は生徒が参加していた。プロジェクターを使い、パワーポイントを使って説明をしていた。なかなか力を入れた授業だなと感じた。

どうやら来月にVVOBというNGO団体の教育プロジェクトにこの授業内容を使うらしく、特に気合いを入れているみたいだ。(残念ながら僕が見る限り、普段の授業ではここまではしっかりとやっていないかな…)

僕の学校では研究授業が理数科のみで行われているのが少々不満。STEPSUM(カンボジアの理数科教育向上プロジェクト)の指導で研究授業が活発に行われてきているので、他の教科でも同じように研究授業をしていけばもっと良くなると思うのだが…。

IMG_5400.jpg IMG_5407.jpg

パワーポイントを使って授業をしていたのには驚きました。 ワークシートも作り、実験をまとめ易くしていました。

午後はボパーとコムセイン先生と3人でお買いもの。実験に必要な材料を買ってもらった。

今回は費用を学校に出してもらったのだが、お金に関しては色々と気を使うところである。活動に必要なものに関しては業務費という形でJICAに申請すれば支給されるのだが、授業で使用する物品に関しては基本的には学校の予算で出して欲しいと思っている。

申請してJICAに出してもらうことも考えたが、僕の任期が終了した後も彼らだけで続けていってもらわなければいけないし…、基本的に僕は技術支援に来ているわけだし…、JICAに申請すれば何でも買ってもらえると思われても嫌だし…、といろいろと考えた結果、今回は学校にお願いした。

今回買ってもらったものは、身近に手に入る安いものばかりだったしね。(とはいっても全部で30$以上はかかったが…)

高価なものが必要になった時や、費用がかさんできた時には、また考えなければいけないと思う。
今後もお金に関してはいろいろと考えさせられるだろう。

支援されることに慣れしてしまっている勤務地の人からお金や物品のお願いをされたという話もよく聞くし…。難しい問題である…。

明日は休日。来週末行われるアンコールワットハーフマラソン&100kmバイクレースに向けてトレーニングをする予定である。

ちょうど100km離れた町シェムリアップで夕方から日本人会の盆踊り大会があるらしいので、明日はバイクレースのトレーニングがてらシェムリアップに行こうと思う。

昼間の日差しは灼熱なので、早朝に出発し出来れば昼までには到着したいものである。

えのもとの町にスーパーができました。

今日は午前中、国連が運営?している「ジェンダー」についての講演があった。
いくつかの学校の生徒と市民が集まって話を聞いていた。500人以上はいたように思った。

IMG_5354.jpg IMG_5359.jpg

先生たちの引率のもと、きちんと2列に並んで公園へ移動。     校長、教頭、その他の先生方も参加。

町の中心にある公園が会場になっていたのだが、日差しが厳しくなかなかハードだった。

IMG_5367.jpg IMG_5365.jpg

ジェンダーに関する資料が配られたのだが、しばらくすると、みんな日除けとして使っていた…。

講演会は相変わらず、全くもって何を言っているのかはさっぱり…。最近は逆に開き直って、休憩の時間のような気分でボーっと別のことを考えながら座っている。

IMG_5376.jpg

せっかくおそろいのTシャツを着たので、先生たちと記念撮影。こうやって見ると、わたくしもずいぶん日焼けして、クメール人と同じくらい黒くなってますね…。

昼休みに町をブラブラしていると、1か月前にできたらしいスーパーを発見!!
入ろうとすると、ドアが自動で開くではないか!?まさかの自動ドア!!!

日本では当たり前だが、カンボジアではほとんど見かけない自動ドア。おそらくこの町では唯一無二の自動ドアであろう!!

店内は商品が丁寧に並べられ、かなりしっかりした防犯カメラがいくつも取り付けてあった。値段も妥当なものばかり。いつも市場で値切って落とす値段に最初から設定されている。市場よりも安いものもたくさんあった。

今後は食料品・生活用品はこのスーパーでほとんどまかなえそうである。いや~、ありがたい!!

IMG_5379.jpg IMG_5378.jpg IMG_5377.jpg

これが1カ月前にできた自動ドアがついているスーパー。わたくしの家のすぐ近くにあるというのもイケてる点ですね。 

今日の夕食は仕事帰りに偶然会った大家さんの息子とその友人と一緒に行くことになった。4人だったのだが、そのうちの一人が相当酔っ払いで大変だった。
顔と顔の距離をかなり近づけ、でかい声で話してくるので、耳は痛いわ、つばは飛んでくるわで勘弁してくれって感じだった。

「俺がお前をクメール語ができるように教えてやる」というのを10回くらい言っていた。

酔っぱらうと同じことを何度も言う人っているよね…、どこの国も酔っ払いの扱いは大変です…。

えのもとは今日もアナウンサーでした。

今日は朝7時半から昨日の続き。第二回放送分の収録。
昨日は第一回分だけで3時間近くかかったのだが、今日はかなり要領を得たようで40分くらいで終了。

今後もこのくらいの時間でできれば無理なく続けていけそうである。

終了後、学校へ。12月から新入生が入ってくる。最近は新入生の授業実験準備をしているのだが、材料を買いに行くのが一苦労である。日本ではどこにでもあるようなものが無かったりする。たとえば、紙コップとか、紙皿とか。
あってもどこに売っているのかわからないし、名前が無いものを店員に説明するのが難しい。でも、実験ができるのは楽しみなので、前向きに取り組めるのが救いである。

午後にはカウンターパートのボパーの研究授業があった。内容は以前のSUTEPSUMの研修で行われた授業内容と同じものだったが、うまくできていたのではないかと思った(聞き取れていない部分が多いので自信はないが…)。

終了後に、生徒に対するキークエスチョンの説明をきちんとしたかどうかを確認したらちゃんとしたと答えていたので安心した。

この学校の先生たちは研究授業に積極的なのがうれしい。どうやら、これに参加するとお金ももらえるらしいのだが、それでもやっぱりたくさんの先生が参加することは良いことである。

今日の夕食はKOICA(Korean International Cooperation Agency)の人と一緒に食べた。ちなみにJICAは(Japan International Cooperation Agency)である。似たような国際協力活動をしている団体ということである。

この町には、KOICAの韓国人が7人くらい活動している。今日は4人の韓国人と一緒に食事した。何語で話をするのかというと、もちろんクメール語。韓国人とクメール語で話をするのは何だか不思議な感じがするが、意外に聞き取りやすく話易かった。

民族が近いせいか、親近感も感じたし、とても楽しかった。
彼らの活動も見に行きたいと思う。

IMG_7460.jpg

こうやって見ると日本人も韓国人も見分けがつきませんね!!
手前左の韓国人の彼は相当のイケメンでした。23歳!!右の日本人の彼もなかなか捨てたもんじゃないですけどね!!今年30歳!!


またまたお久しぶりです。

最近少々ブログが怠け気味になってしまっているえのもとです。
こまめに書いて行こうとは思っているのですが、コツコツができないタイプなのでね…。

先週末はプノンペンに予防接種に行ってきた。何の予防接種かというとなんとインフルエンザ!!?こんなに暑い国でもインフルエンザが流行るらしい。すでに隊員で感染してしまった人もいる。インフルエンザウィルス恐るべし!!

この国で高熱でぶっ倒れて一人療養するのは辛過ぎる…。一人暮らしの病気は悲惨やからね…。絶対に感染したくない!!

日本はもうすぐ流行る季節ですね…。皆さん気を付けてください。

せっかくプノンペンに上がったので、以前から行ってみたかった王立プノンペン大学図書館(シニアボランティアのOkanの勤務地)に行くことにした。
王立プノンペン大学は日本で言う東大のようなところ。優秀な学生が集まっている。日本人の留学生もいるらしい。その図書館で司書として活動しているOkanと共に大学内を見学した。

キレイなキャンパスにたくさんの学生がいた。何人かと話をしてみたのだが、中には英語が流暢な学生もおり、Okanはその英語の発音の美しさに驚いていた。その学生は卒業後は政治家を目指しているらしい!!なんという志の高さ!!わたくし頭が下がる思いであります。。。

IMG_5332.jpg IMG_5318_20111124001406.jpg

図書館にはたくさんの本があった。英語で書かれた本が多かった。この国ではクメール語の本は少ないので、英語が読めなければなかなか勉強しにくいだろうなと思う。まあ、でもきっとこの大学の学生なら大部分は英語が堪能だろうと思うが。

図書館の新館は近代的なデザインで美しい空間を作り出していた。大学時代の図書館を思い出して(ほとんど行かなかったが…)懐かしい気持ちになった。学生を見ていると自分も大学時代に戻りたい気分になってしまう。「おじさん、君たちのその若さが羨ましいよ!!」と言いたくなってしまいますな!!!

IMG_5294.jpg IMG_5346.jpg

プノンペンの日本食材店でなんと明石のりを発見!!一個7.5$(約600円)。高い。。カンボジア人で買う人がいるのか??
そして、わたくしにとっても値段が少々高い!!

しかし、どうやら売れ残ってしまって賞味期限が一カ月切れてしまっていたので50%オフになっていた!!一カ月くらいどうってことないでしょう!!っということで明石市民としての責務を果たすべく一個購入!!これで食生活が充実いたします。

IMG_5349.jpg

今日は同任地にあるミンチェ大学で日本語教師として活動している京ちゃんのプロジェクトのお手伝いに行った。以前から京ちゃんは日本語教育の普及のためにカンボジアのラジオで日本語講座を放送する計画を立てていた。

紆余曲折の末、本日、記念すべき第一回放送分(12月1日am7:00~)の収録をすることができたのだ。その放送の中の日本語例文のアナウンスのお手伝いをしてきた。今日は「日本語のあいさつ」だけだったのだが、意外に難しいし緊張した。

IMG_7449.jpg IMG_7453.jpg

これがバンティエミンチェにあるラジオ局です。ミキサーをいじりながら、それっぽく写真を撮ってみました。

標準語で上手に言おうとするのだが、逆に不自然になってしまい、自分で言いながら吹き出してしまう…。みんなそれぞれNGを出しながら作りあげていった。なかなか楽しい収録だった。
今後も継続して収録していくので、僕のアナウンスもどんどん上手くなっていくだろう。

帰国後はアナウンサーに転職か!?

IMG_5289.jpg

最近コオロギを食べました。僕が食べると先生たちはすごく盛り上がっていました…なんだかな~…。味は不味くは無かったですが、もう食べたくは無いかな…。









えのもとはお葬式に行ってきました。

今日の午後、学校に行くと生徒が一人もいなかった。先生に聞くと、全員が何かの会に参加しているとのこと(聞き取れなかったので)。

誰もいない学校にいても仕方ないので、会場に行ってみた。どうやらお葬式のようだ。なんと生徒会長のおじさんが亡くなったらしい。しかも、このおじさんがかなりえらい方だったようで、かなり大規模なお葬式になっていた。

会場では全員にお粥がふるまわれていて、日本のお葬式の雰囲気とは少し違っていた。
親族の方々は涙を流し悲しんでおられた。

生徒が全員参加していたのでかなりの人だった。しかも、僧侶も50人以上はいたと思う。しばらくすると、参加者が全員が2列に並び最後尾に棺を乗せた車が続き、シソポンの町を練り歩いた。警察の交通整理が必要になるほどの長い行列になっていたのには驚いた。

IMG_5255.jpg  IMG_5259.jpg

この写真では伝わりにくいのですが、かなり長い列になっていました。写真に写っているのはほんの一部。

その後、お寺に行き、そこでお経や歌?をうたい、火葬していた。火葬された後の骨はどうなるのか気になるところである。

日本ではお墓をいろんなところで見かけるが、この国で見た記憶はほとんどない。
今度誰かに聞いてみよう。

IMG_5268.jpg  IMG_5262.jpg

お寺の外でのお葬式。左側の白い布の中にあるのが棺。 たくさんの僧侶たちが来ていました。

2日前には結婚式に参加し、そして今日はお葬式に参加した。いろんな式典に参加し、文化の違いを感じることができるのはありがたいことである。

IMG_5254.jpg

午前中に行った小学校の授業風景。この後、先生から「学校はお金がない。黒板用のペンでさえ教師が買わなければいけないのよ!!」と愚痴をこばされた。たしかに、教育に使われているお金は少なさには問題があると思う…。




皆さまお久しぶりでございます。

先週末まで同期隊員とインドネシアに行っていた。

マレーシアからの乗り継ぎ飛行機に乗り遅れるなどのハプニングはいろいろあったが、いい旅だった。

インドネシアの海は最高に美しかった。特に、ロンボク島のギリという島でのシュノーケリングでは、ウミガメと一緒に泳ぐことができた。
テンションが上がりまくって、「俺を竜宮城へ連れて行け~」と捕まえようとしたら、ガイドに怒られた…。

IMG_7265.jpg DSC01872.jpg

    キレイなエメラルドグリーンの海でした!!        ウミガメに出会った直後のテンションアゲアゲのおじさん2人です。

ロンボク島では、同期のインドネシア隊員がおり案内をしてくれた。カンボジアでは味わえない海の幸を堪能した。これから観光に力を入れていこうとしている島のようで、同期隊員は観光局に配属になっていた。
さとこちゃん、いろいろと面倒を見てくてくれて本当にありがとうございました。

バリ島にも行ったが、断然ロンボク島の方が素晴らしいと思った。皆さん、インドネシアの魅力はバリではないですよ~、ロンボクの方が絶対面白い!!

DSC01931_20111116021256.jpg IMGP8262_20111116021325.jpg

バリで見たケチャックダンスとラフティング!!バリは完全に観光地化してました、日本語が飛び交っていました。

カンボジアに帰ってきた次の日には、結婚式に出席した。なんと、2年前にカンボジアに派遣された隊員Aさんとカンボジア人女性との結婚式!!国際結婚というやつですな!!Aさんは来年から短期派遣でもう一度カンボジアにボランティアに来られるそうだ。一緒に活動できたらいいなと思う。

しかし、国際結婚…、残念ながら今のところわたくしには縁がなさそうな感じですな。学校の先生たちからは「カンボジア人の嫁をもらえ」とよく言われる。「そしたら言葉も上手くなるぞ」と言ってくるのだが、言葉が通じてないのに先に結婚はないだろう…といつもツッコみたくなる…。

意思疎通がしっかりできるレベルに到達するにはまだまだ時間がかかりそうだし…。

IMG_7394.jpg

素敵な結婚式でした。ギター演奏もさせてもらい、楽しかったです。

そして今日の学校…、午前中の授業が無く、代わりに校外の清掃活動があった。教育省が公衆衛生に関するイベントを行っていて、今日は何カ所かの学校が合同で清掃活動を行っていた。毎年一回行われているらしい。いい活動だと思った。

IMG_5230.jpg

プサー(市場)の近くには大量のごみが散らばっていました…。こういう地道な活動がキレイな町作りにつながると信じて!!

こちらでは、ゴミをゴミ箱にきちんと捨てるという習慣があまり無いように感じる。ゴミ箱が近くにあるにも関わらず、その辺に捨てている人をよく見かける。新しい習慣を身につけるには時間がかかるだろうが、ゴミはゴミ箱に捨てるようになったら町はもっとキレイになるだろうな~。

町の中心にある公園がイベント会場になっており、教育省のえらいっぽい人が前で話をしていた。「手をしっかり洗って汚れを落としましょう」と説明していた。途中に生徒たちにパンが配られたのだが、みんなゴミ拾いをした手を洗わずに食べていたのには、なかなかツッコミがいがあるなと感じた…。

IMG_5245.jpg

パンをほおばる子供たち・・・、みんな説明を聞いていたのでしょうか・・・。

最近はご飯をたくさん食べようと努力している。会う人会う人に痩せたね~…と言われてしまっているし、体力もずいぶん落ちてしまった。来月にはアンコールワットハーフマラソンに出場する予定なので、そろそろ体力作りをしなければいけない。

今日は学校の先生何人かに「ずいぶん痩せて顔の色も黒くなっちゃったね~、もっと太くないとダメだよ。今のスケ(僕のあだ名)はカッコ悪いよ~~!!」と言われた。ショッーーーク!!

幸い、先週の旅行時に食欲が戻ってきたのでたくさん食べることができた。胃も少し大きくなったはず!!ということで、朝昼晩3食を少し多めに確実に食べるようにしている。

そういえば、旅行中に一番美味しく感じたのは…、マクドのハンバーガーとポテトでした!!カンボジアにはマクドは無いので久しぶりに食べたのだが、すんごい美味しかった。フライドポテトなんか美味しすぎて一度にLサイズ2個食べっちゃったしね~~。

旅行中にマクドに行くなんて、今までは考えられなかったが…。今ではマクドを目的にタイに行ってもいいかなと思ってしまうくらいだ。

DSC01780.jpg

マレーシアのマクド。。カンボジアにもマクドナルドが進出することを切に願っております!!!

えのもとはインドネシアに行きます。

モンドルキリから帰ってきて間もないが、明後日から同期のメンバーと共にインドネシアに行くつもりだ。

来週カンボジアでは水祭りというイベントが全国で行われる。主に川でボートレースを行うようだが、その関係で休日が3日続く。

インドネシアに行くにはその休日だけでは足りないので、校長先生に話をし休みをもらった。十分に仕事ができている状態では全く無いので、休暇をとるのは心苦しかったが、校長は快く承諾してくれた。

「こっちのことは気にせず楽しんできなさい」と言って送り出してくれた。

なんだか申し訳ない気分にもなりつつ

「ごめんなさい、帰ってきたらいっぱい仕事するので」と伝えた。

旅行の合い間には、語学の勉強もしながら行こうと思った。

モンドルキリ旅行では、行く前の仕事で疲れがかなり溜まっていたようで、途中から熱を出してしまった。こっちの国に来てから、疲れが溜まるとすぐに発熱という症状で表れるようになってしまった…。幸い1日で熱は下がったが…。

モンドルキリは大自然がいっぱいだった。象に乗れるということだったので、これはやるしかないだろうと思い、申し込んだ。象の頭?首?のあたりに乗ったのだが、思った以上に乗り心地が悪かった。象の針金のような毛が太ももに突き刺さり、かゆくてかゆくて仕方なかった…。

こちらの象はかわいそうなくらい扱いが雑で、象使いのお兄さんたちに棒でバシバシ叩かれていた…。餌もその辺りに生えている草ばかりを食べていた。日本の動物園の象が大量のリンゴやバナナを食べさせてもらっているのはとっても贅沢なことなんだなと思った。

IMG_6916.jpg

象使いの少年。バシバシ象を叩いていました。たくましい…。

帰りはラオスのワットプーという世界遺産を見て帰ってきた。とても素朴な町のなかに、ワットプーがあった。世界遺産だから町は観光地化してるのかなと思っていたが、全くその様子は無く、素朴な雰囲気にとても好感が持てた。

IMG_7084.jpg IMG_7066.jpg

この遺跡はアンコールワットよりも古い時代に作られたものである。巨大な貯水池を作り乾季にも水が絶えないように工夫されている。1年を通して水を確保することができた王朝は大きく繁栄したらしい。

次は体調を万全にして行きたいと思う。最近、食欲が衰退気味なので、無理にでも食べようと努力している。日本食が恋しいですな…。





プロフィール

えのもと

Author:えのもと
現在青年海外協力隊員としてカンボジアで活動中!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。